現在位置: HOME > 安全安心宣言 > 安全安心200事業所プロジェクトへ

元気平気笑顔プロジェクトから「安全安心200事業所創出プロジェクト」へ

町田版リスク・マネジメントも、それを実現するには、大企業並みの数十人の専門家集団が必要です。

そこで3年間の学びをもとに、商工会議所会員の70%を占める10人以下の小規模事業所でも、手間暇かけずその趣旨を生かしてリスク・マネジメント体制を実現できる方法を考えました。

サンドウィッチの5要素を「安全・安心宣言」と「わが社の事業継続計画・BCP」の二つに凝縮してまとめました。

危機管理-リスク・マネジメント サンドウィッチ5要素の図
リスク・マネジメント サンドウィッチ5要素の図
クリックすると大きな図をご覧いただけます。

1.安全安心宣言

安全安心宣言を策定するにあたり、その意義と効果を次のように考えます。

  • 小規模ゆえに「法令順守・コーポレートガバナンス・CSR企業の社会的責任」は「自身あるいは取締役の倫理的対処、善管注意義務、忠実義務」に頼らざるを得ないが、誰にでもある「宣言してしまえばそれに沿って自らを律する習性」を前向きに活用する。
  • 社会的な顔を持つ事業主・経営者であれば更にその傾向は強い。その宣言先を身近なお客様にしておけば、身近なところでそれを見守って貰え、更にお客様との間で信頼関係が生じ、効果が倍増する。
  • 身近なお客様にとっては、何時発生するか予想のつかない危機対処もありがたいが、日々の安心安全を与えてくれたほうがよりありがたい。

ダウンロードのページ(資料4)をご覧下さい。

2.わが社の事業継続計画

損失の危険の管理・内部統制を「わが社の事業継続計画・BCP」にまとめました。

リスク発生時リスクに強い、しっかり管理された企業群・地域であることを宣言します。

BCPは各事業所が作った社外秘の重要書類です。そのエッセンスを「わが社の事業継続計画・BCP」で、対外的に危機管理体制ができていることをアピールいたします。

当プロジェクトでは簡易BCP作成のテンプレートを用意しました。

ダウンロードのページ(資料2と資料3)をご覧下さい。

まず、簡易BCPを作成いただき(ひと晩でできます。考えてみると各事業所にとって必須です)この趣旨をわが社の事業継続計画としてまとめ、商工会議所ホームページおよび自社ホームページで公表してもらいます。

中小企業庁のBCPテンプレートはグループ作業でも数週間かかりますが、最終的にはここまで各社のBCM:でスパイラルにレベルアップすることを会員に推奨いたします。

各事業主様が自身のビジネスを守るためにBCPを作り 、それをわが社の事業継続計画として、安全安心宣言とともに発表いただくことが、ひいてはリスクに強い、全国に誇れる「安全安心な街 町田」を創ることになります。

※ 簡易BCP作成のテンプレート、及びBCP度チェックシートをオーム社および昆 正和 先生のご厚意で準備いたしました。ダウンロードのページよりご利用ください。

このページの先頭へ